RSS | ATOM | SEARCH
お客さまのためのお店
某バーガーショップにて。

商品を購入し、席に座ると、隣は休憩中の従業員二人がいました。

制服の上にプライベートのコートを着ていて、休憩を楽しんでる様子。

ナショナルチェーンでは休憩室があり、休憩室で食事するのが普通です。

「まあ、休憩室いっぱいで、客席に来てるんだ」と思いながら

視界に入ってきたその従業員が食べているものにびっくりしました。

その従業員さん二人が仲良く食べていたのは自分のお弁当だったからです。

     Q1・このとき僕がびっくりした理由がわかりますか?

・・・。

・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

わかりましたか?

「お店はお客様のためにある。」

  これを理解しているかがポイントです。

お店はお客様に満足していただくためにあります。

お客様にご提供するスタンダードは

Qクオリティ品質 美味しさ

Sサービス よい接客

cクリンリネンス 磨き上げられた清潔感のある店内

A アトモスフェアー 雰囲気 ステージ おしゃれ ファッション性  

   がおおまかに挙げられます。

お店は視覚 聴覚(BGM)味覚などお客さまの満足をある程度満たすために

設定されています。それがお店の「スタンダード」といわれるものです。

「お客様に美味しいバーガーを食べていただいて満足していただく事」

それが、バーガーチェーンのスタンダードのひとつと思います。

そのスタンダードを守ることこそが、お客様を大切にすることであり、

お客さまの満足を得るためだけにお店は存在します。

なので、従業員がお店の商品でないものを客席で食べること自体

スタンダードに反した「ありえないこと」なのです。

休憩室で食べるべきなのです。

お客さんには「持ち込み禁止」は当たり前で従業員には「OK」というのが

果たして「お客様を大切にしよう」というスタンダードを満たしているのでしょうか?

店長の資質が問われます。

店長はその業態のあるべき姿を体現実行し、スタンダードを教育しそのお店に

スタンダードを根付かせるのが仕事です。

だから、資質の無い店長の元で教育される従業員はかわいそうです。

このお店の場合はやはり店長さんやマネージャーがきちんと注意するべきでしょう。

「お店はお客さまの満足を得るためだけに存在する。」

お客さまの満足を得るためにどうするべきか?

自分がお客様の立場だったらどうされたらうれしいのか?

答えはシンプルなのです。

「自分がされてうれしいことをお客様にして差し上げる」事が大切です。

明日も一人ひとりのお客さまの満足を得られるよう頑張りまっす



  ☆面白い。がんばれ!と思った方は左のランキングボタンをクリックくださいませ。
               励みになります!

    ○長崎の美味しいパン・石窯工房アグリホームページ・お得な情報は

         →石窯工房アグリホームページまで

〜長崎の美味しいパン〜石窯工房アグリは  
            ・長崎市役所前店(長崎市役所前)
           
            ・メルカ築町店(築町・メルカ1階)
            
            ・アグリの丘本店  があります。

     
    ☆お問い合わせはtreasure@mopera.netまで☆

    ◎フェイスブックは オーナー西島直孝ページへ

    ☆あぐりの丘の詳しい催しは下記を参照ください☆
      ☆あぐりのおかホームページ


       
     「ライ麦パンダイエット」大人気です☆
  ☆ダイエットライ麦パン カンパーニュ販売店情報☆
  •            
  • 長崎の美味しいパンの店  石窯工房アグリ各店
  •             とれとれ旬家 浜の町店 

  •                       お気軽にお電話ください   
  •        
  •          受付電話095−826−5354まで☆


author:e-barger, category:サービス, 22:42
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://staff.e-barger.com/trackback/204